お問い合わせ
お問い合わせ
TOPICS
更新情報
ホーム > ブログ > Oracle Cloud > 4/14~4/21 Oracle Cloud リリース情報まとめ

4/14~4/21 Oracle Cloud リリース情報まとめ

Oracle Cloud
2020.04.24

皆さま、こんにちは!ShiinaKです。

今回も、Oracle Cloud 公式ホームページに最近掲載されたリリース情報をご紹介します。
前回同様に日本では未対応のものもあり全てが日本のリージョンで使える訳ではありませんが、海外の最新情報をGETできるチャンスですので是非ご覧ください!

本記事の目次


4/14 Autoscaling UK Gov South (London) region で利用可能に

Compute のオートスケーリングは、UK Gov South (London) リージョンで利用できるようになりました。
詳細については、Autoscaling.を参照してください。

Cluster networks が大坂リージョンで利用可能に

ハイパフォーマンスコンピューティングのためのクラスタネットワーキングが大坂リージョンで利用可能になりました。
詳細については、Managing Cluster Networks.を参照してください。


4/15 共有 Exadata インフラストラクチャにおけるデータベースが Oracle Database 19c にアップグレード

共有 Exadata インフラストラクチャ上の自律型データベースを Oracle Database 19c にアップグレードできるようになりました。
詳細についてはTo upgrade an Autonomous Database.を参照してください。

Console ホームページ上で検索機能が提供開始

Console のホームページにおいて、Oracle Cloud Infrastructure を使用してソリューションを構築する方法を示すチュートリアル、開発者ツール、ドキュメント、およびブログへのリンクを提供する「検索」セクションが追加されました。

共有Exadata インフラストラクチャにおいて秒単位の課金が開始

共有 Exadata インフラストラクチャを使用する自律型データベースでは、最低使用時間60秒の秒単位の課金を使用するようになりました。
これにより、データベースの CPU やストレージリソースに対する時間単位の課金に代わり、短時間でデータベースを使用する際のコストを削減することができます。

Compute instances において秒単位の課金が開始

コンピュートインスタンスは、1時間単位ではなく、1秒単位で課金されるようになりました。
これにより、短時間にインスタンスを使用する場合のコスト削減に役立ちます。仮想マシン(VM)インスタンスの最低課金時間は1分です。
ベアメタルインスタンスは1時間からの課金となります。最初の1分(VMの場合)、最初の1時間(ベアメタルインスタンスの場合)以降は、1秒単位で課金されます。

プラットフォームイメージとして Windows Server 2019 が利用可能に

Windows Server 2019 は、プラットフォームイメージとして提供されるようになりました。
詳細については、 Oracle-Provided Images.を参照してください。


4/16 Marketplace images においてカスタムのイメージが作成できるように

Microsoft SQL Server Enterprise イメージなど、一部の Marketplace イメージからカスタムイメージを作成できるようになりました。
どのイメージがサポートされているかは、Marketplace とイメージパブリッシャーが決定します。
Marketplace イメージがサポートされているかどうかを判断するには、まず Marketplace API の GetPackage オペレーションを使用してイメージの OCID (レスポンスボディの resourceId 属性) を取得します。
次に、Core Services API の GetImage オペレーションを呼び出し、パラメータとして image OCID を渡し、レスポンスの createImageAllowed 属性を参照します。

ベアメタルインスタンスでインスタンスプールを作成可能に

ベアメタルインスタンスでインスタンスプールを作成できるようになりました。
これにより、高性能なコア数を持つ多数のインスタンスを必要とするワークロードをサポートできるようになり、インスタンスプールは複雑な機械学習(ML)ワークロード、人工知能(AI)アルゴリズム、および多くの産業用高性能コンピューティング(HPC)アプリケーションに理想的なものとなります。
詳細については、Managing Compute Instances.を参照してください。

Oracle Data Safe: セキュリティ評価において比較レポートが参照可能に

セキュリティ評価では、2 つのセキュリティ評価レポート間のターゲット データベースの変更を示す比較レポートを作成することができます。
データベースの変更およびリスク レベルの変更の詳細を表示できます。
詳細については Comparison Reports, Baseline Reports, および Compare Comprehensive Assessment Reports.を参照してください。

Oracle Data Safe: グループマスキングで定義された関数のマスキング形式が利用可能に

グループ・マスキングでは、関連する列をグループとしてまとめてマスキングすることができ、関連する列のマスキングされたデータが同じ関係を保持するようにします。
シャッフル、決定論的置換、およびランダム置換のマスキング形式に加えて、ユーザ定義関数のマスキング形式もグループ マスキングに使用できるようになりました。
詳細については、Group Masking およびCreate Data Masking Jobs.を参照してください。


4/17 Resource Manager からスタックを作成するためのサンプル手法が公開に

Resource Manager からスタックを作成するためのサンプルソリューションが公開されました。
ソリューションを使用して、提供された Terraform 構成からクラウドリソースをデプロイします。
詳細はTo create a stack (solution).を参照してください。


4/21 Exadata インフラストラクチャのパッチング開始

Oracle Managed Exadata インフラストラクチャのパッチ適用のメンテナンス ウィンドウをスケジュールできるようになりました。 詳細については、Maintaining an Exadata DB System.を参照してください。

Scheduled volume backup の地域間コピーがサポート開始

ブロック ボリューム サービスは、スケジュールされたブロック ボリューム バックアップの自動化された地域間コピーをサポートするようになりました。
詳細については、Scheduling Volume Backup Copies Across Regions. を参照してください。

ソースボリュームタグがボリュームのバックアップに自動的に含まれるように

ブロック ボリュームまたはブート ボリュームのバックアップが作成されると、ソース ボリュームのタグが自動的にバックアップに含まれるようになりました。
タグは、バックアップが新しいリージョンにコピーされたときにもボリューム バックアップに含まれます。
ボリュームがリストアされると、タグはリストアされたボリュームに含まれます。
詳細については、Overview of Block Volume Backups – Tags.を参照してください。

Object Storage で独自の暗号化キーが設定可能に

Object Storage では、独自の暗号化キーを使用してオブジェクトを暗号化できるようになりました。
顧客が提供する鍵 (SSE-C) を使用したサーバーサイド暗号化の実装と使用の詳細についてはUsing Your Own Keys for Server-Side Encryption.を参照してください。


※上記は Oracle Cloud の公式ホームページより Oracle Cloud Infrastructure のリリースノートを参照し一部引用しています。 docs.cloud.oracle.com


この記事が気に入ったら
「いいね!」

この記事を書いた人


関連コンテンツ

CONTACT お問い合わせ

Cloudiiのサービスやプロダクトについて
興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。