お問い合わせ
お問い合わせ
TOPICS
更新情報
ホーム > ブログ > Oracle Cloud > OCI Designer Toolkit (OKIT)でインフラ構成管理

OCI Designer Toolkit (OKIT)でインフラ構成管理

Oracle Cloud
2021.02.19

はじめに

s-ikeokaです。

Infrastructure as Codeを実現し、構成管理するにはAWSにはCloudFormationといったツールがありますが、Oracle CloudにもOCI Designer Toolkit(OKIT)というオープンソースツールがあります。
今回は機能の一つコスト試算を触ってみます。

現在実装されているアーティファクト

現在のリリースでは、次のOCIアーティファクトが実装されています
DatabaseもDBCS、MySQL Database System 追加され、アップデートは随時行っているようです。

  • Compute
  • Containers
  • Database
  • Gateways
  • Networking
  • Storage
  • Fagments(構成テンプレート)

環境およびインストール

環境

Oracle Linux 7.9
oci cli 2.19.0
Docker 19.03
oci-designer-toolkit 0.17.0

今回はOCIインスタンス上にdockerインストールしてます
インストール参照
https://github.com/oracle/oci-designer-toolkit/blob/master/documentation/Installation.md#copy-config--key-files

OKITへアクセス

http://IPアドレス/okit/designer

今回はFragmentsからBastion Server構成を展開します。
DBCSとインスタンス2台追加しました。
Compute

コスト試算してみる

右タブにあるCost Estimateをクリック

Cost Estimate

しばらくすると右側にResourcenameごとの試算が表示されます。

Instance一台ずつではなく、リソースごとの試算になるようです。

試算表はエクセルにダウンロードもできます。

まとめ

ドラック&ドロップで簡単に作図できるが、アイコンの配置は自動配置なため自由に配置できない事や、インスタンス同士を線つなぎできないなどの制約があり簡易構成図には使えそう。ツールのアップデートはされているので今後対応できることが増えるとは思います。

関連

A-Team Chronicles

https://www.ateam-oracle.com/introduction-to-okit-the-oci-designer-toolkit


この記事が気に入ったら
「いいね!」

この記事を書いた人


関連コンテンツ

CONTACT お問い合わせ

Cloudiiのサービスやプロダクトについて
興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。