お問い合わせ
お問い合わせ
TOPICS
更新情報
ホーム > ブログ > Oracle Cloud > WindowsからOracle CloudのWindowsサーバにコンソール接続する

WindowsからOracle CloudのWindowsサーバにコンソール接続する

Oracle Cloud
2020.10.16

こんにちは。t-tasakaです。OCIのインスタンスにエラーが起きたときなど、リモートデスクトップではなくコンソール接続で直接操作しなければならない時があると思います。 そのようなときのための手順をまとめてみました。

必要なもの

コンソール接続ではSSHを利用するため、以下のツールが必要となります。

  • PuTTY
  • PuTTYgen

SSH接続するためのツールです。 以下よりダウンロードできます。 www.putty.org

  • VNCビューア VNCを利用する際のツールです。今回はこちらのRealVNCを使いました。

www.realvnc.com

手順

SSH鍵の作成

まずは、クライアント側にてSSH鍵を作成します。

f:id:t-tasaka:20201016102352p:plain
PuTTYgenを開く

PuTTYをインストールしたのち、スタートメニューからPuTTYgenを開きます。

f:id:t-tasaka:20201016102451p:plain
PuTTYgen

"Generate"を押すと、鍵の生成が始まります。空白の部分でマウスカーソルを動かしてキーのランダムデータを作ります。

f:id:t-tasaka:20201016102706p:plain
生成完了

鍵の作成が完了すると、このような画面になります。 黒い部分は公開鍵になっています。 "Save private key"で秘密鍵を保存します。 秘密鍵を保存したパスはメモ帳などにコピーしておいてください。

また、公開鍵(黒塗りの部分)もメモ帳などにコピペしておいてください。

Oracle Cloud上でコンソール接続を作成する

Oraclke Cloudの管理画面で、コンピュート>インスタンス>インスタンスの詳細 と進み、リソースの欄から「コンソール接続」を開きます。

「コンソール接続の作成」をクリックします。

f:id:t-tasaka:20201016103140p:plain
コンソール接続

「公開キーの貼り付け」のラジオボタンを押し、SSHキーの欄に、先ほどコピペしておいた公開鍵を貼り付けます。

f:id:t-tasaka:20201016103504p:plain
コンソール接続の作成

「コンソール接続の作成」ボタンを押すと、コンソール接続が作成されます。

f:id:t-tasaka:20201016104207p:plain
接続

作成されたら、右端の黒丸の部分をクリックして、 「WindowsのVNC接続のコピー」を選択します。

f:id:t-tasaka:20201016104318p:plain
VNC接続のコピー

PowershellでVNC接続を実行

コピーしたものを一度メモ帳などに貼り付け、 "$env:homedrive$env:homepath\oci\console.ppk"となっている部分を、秘密鍵を保存したパスに置き換えます。私は今回テストのためドキュメント直下に保存したので、 "C:\Users\user.name\Documents\rsakey.ppk"に保存します。

Powershellを起動し、パスを置き換えたVNC接続を貼り付けて実行します。

f:id:t-tasaka:20201016105046p:plain
Powershellで実行

VNCビューアを開く

実行したら、インストールしたVNCビューアを開きます。 "localhost:5900"に接続します。

f:id:t-tasaka:20201016105258p:plain
RealVNCで接続する

以下のような警告が出るかもしれませんが、構わず続けます。

f:id:t-tasaka:20201016105340p:plain
警告が出るかもしれません

以下のようになれば接続成功です。

f:id:t-tasaka:20201016105434p:plain
接続完了

まとめ

ポイントとしては、

  • SSH接続するためのツールを用意する
  • Oracle Cloud上にコンソール接続を作成する
  • コピーした接続用の文字列で、鍵のパスを置き換えるのを忘れない
  • Powershellで実行後、localhost:5900に接続

というところだと思います。


この記事が気に入ったら
「いいね!」

この記事を書いた人


関連コンテンツ

CONTACT お問い合わせ

Cloudiiのサービスやプロダクトについて
興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。