お問い合わせ
お問い合わせ
TOPICS
更新情報
ホーム > ブログ > Oracle Cloud > Oracle Container Engine for KubernetesでWebサーバーを立ち上げてみました

Oracle Container Engine for KubernetesでWebサーバーを立ち上げてみました

ブログ
2021.12.10

本記事は、Oracle Cloud Infrastructure Advent Calendar 2021 の Day 10 として書いています。

内容はOracle Container Engine for Kubernetes(以後、OKE)を使用し、クラスタ上にnginxをデプロイした手順について記載したものです。

  

こんにちは!k.takeiです

  

今回はOKEを使ってnginxを動かしてみました!
その際の手順を紹介します。

過去にJMeterの環境構築をしている記事もありますので、ご覧ください。

  

  

OKEとは

OKEとは、Oracleのマネージドkubernetesサービスです。

kubernetesについては公式ドキュメントを参照してください。

それでは早速作成していきましょう!

  

OKEのクラスタを作成する   

まずはOCIコンソールからOKEのクラスタを作成します。

  

開発者サービス > Kubernertesクラスタ(OKE)を選択し、遷移後の画面でクラスタ作成を押下します。

    

ポップアップが出てくるので、クイック作成を選択し、ワークフローの起動を押下します。

  

クイック作成に必要な項目が出てくるので、入力をしていきます。

  

これでクラスタの作成は完了です。

なお、シェイプは後からでも変更が可能になっています。

  

クラスタへアクセス

クラスタへアクセスできるように設定をしていきます。

Cloud Shellを使用してアクセスする方法とローカル環境からアクセスする方法がありますが、今回はローカル環境からアクセスします。

  

先ほど作成したクラスタの画面に遷移して、クラスタへのアクセスを押下します。

  

ポップアップが出てくるので、必要な情報を記入します。
CloudShellではなく、ローカル・アクセスを選択します。

  

手順通りにコマンドをコピーしてローカル環境で実行し、kubectlが使えることを確認します。

これでクラスタへのアクセスが可能になりました!

  

OKEへのデプロイ

それでは実際にOKEにデプロイをしてみます。

公式ドキュメントに記載されているものを使用します。

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: nginx-deployment
spec:
  selector:
    matchLabels:
      app: nginx
  replicas: 2 # 
  template:
    metadata:
      labels:
        app: nginx
    spec:
      containers:
      - name: nginx
        image: nginx:1.14.2
        ports:
        - containerPort: 80

  

実行コマンド

kubectl apply -f https://k8s.io/examples/controllers/nginx-deployment.yaml

  

実行したらDeploymentが作成されたことを確認します。

kubectl get deployments

  

Podも確認してみます。

kubectl get pods

Runningになっていることが確認できました!

  

続いて、Serviceを作成します。

詳細は公式ドキュメントを参照してください。

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: nginx
spec:
  type: LoadBalancer
  selector:
    app: nginx
  ports:
    - name: http
      port: 8080
      targetPort: 80

  

作成したyamlファイルを実行します。

kubectl apply -f ./nginx-service.yaml 

  

PodとServiceの両方が動作していることを確認します。

kubectl get pods,service

  

実際にブラウザからアクセスをして確認してみます。

Serviceを確認した時に表示されたEXTERNAL-IP(150.230.191.229)、PORT(8080)が対象です。

無事に表示できました!

  

まとめ

今回はOKEのクラスタ上でnginxをデプロイしてみました。

機会があればOCIRとの連携やログの取り方についても紹介できればと思います!

  

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


この記事が気に入ったら
「いいね!」

この記事を書いた人


関連コンテンツ

CONTACT お問い合わせ

Cloudiiのサービスやプロダクトについて
興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。